菊岡たづ子_助け合って
菊岡たづ子_活動報告
1 2 3
平成23年12月
市民の森のイルミネーション。
南総地区のボランティア団体の手作りです。年々素晴らしくバージョンアップ。感動で一杯になります。

平成23年11月3日
市原の自然、国本の景色です
美しい。この美しさを日本中に、伝えたいです。
この美しさを維持するために、地元の方々の努力があるとの事。
地元のボランティアの方にお聞きすると、毎月のように、草刈りをしていらっしゃる。頭が下がります。

白幡神社の秋祭りに参加しました。
東日本の1日も早い復興を願い、五穀豊穣、実りの秋に感謝です。

市原市一般廃棄物(ごみ)の年間処理量は、約11万3千t(市民一人あたりでは、1103g)です。ごみ処理にかかるお金一世帯当たり44158円もかかります。政収支の黒字化を実現させるため、本当に必要なことに税金がまわせるよう、エコライフの実現の提案を全力で取り組んでまいります! 

地域の皆様と一緒の活動は、私の元気の源です! 皆様の大切なご意見を聞き逃すことのないよう、地域の活動に積極的に参加してまいります。

災害に強い街づくり・住民全体で助け合う街づくりを強化してまいります。
印西市の小学校に福祉・環境・公共交通についての授業のお手伝いに行きました。 高齢者や障害者を始めとする移動困難者の存在を知ること。そして、環境に配慮したハイブリッド車や電気自動車に乗る体験を始めとした公共交通についての授業です。子供たちは、熱心に耳を傾け、いろいろな質問をしてくれました。

交通安全協会のメンバーの1人として、新学期の児童の登校時の見守り、挨拶運動、そして交通安全指導のお手伝いをしました。
子ども達の笑顔に励まされています。

ありがとう!
村田川の河川敷の草刈りをしました。ボランティアの有志メンバーで、年に3〜4回の草刈りと清掃をしています。
草刈り機を取り扱い出来ない私は、ゴミ拾いと清掃担当です。
[平成23年度3月東北地方太平洋沖地震の影響により被災地での活動]



親戚の子と本を積み込んでいる菊岡
親戚の子が、宮城県石巻市の子どもたちに、本を届たいと話を聞き、お手伝いさせて頂きました。2〜3人に声をかけさせて頂き協力をお願いしました。
そうしましたら、4〜5日で700冊〜800冊の本が集まりました。
写真は、親戚の子と本を積み込んでいるところです。
以下、親戚の子のメールを添付します。お読み下さい。

被災地での活動をいまちょうど終えました!
本の全てを北上総合支所というところに寄付してきました。
実際に娯楽物資の支援は少ないらしく、非常に喜ばれていました。
写真の方もこちらに載せていきます。
http://www.flickr.com/
photos/smilechallenge/


本当にたくさんの方々含め、ご協力ありがとうございました。これからいろいろとまとめ、また報告させてもらいます。

『皆様のご好意、ありがたく、受けとりました。津波により、全ての本が流されました。
この本は、石巻が復興してからも、大切に図書館に置かせて頂きます。』
石巻市の支所関係者より

ありがとうございました。
平成22年9月議会個別質問
1.押沼安須線について
2.特別支援教育について
3.(仮称)千原台第二中学校建設事業について
4.能満の養護老人ホーム「希望苑」について
5.高齢者の所在確認について

平成21年12月議会代表質問
1.五井駅東口都市交流拠点整備について
2.市税等滞納債権の回収対策について
3.おもてなしの心での国体づくりについて
4.心の通い合う教育について
5.消防行政の充実について

平成21年3月議会個別質問
1.教職員や児童生徒の健康管理について
2.廃止された公共施設(市東幼稚園等の跡地)の利用について
3.高齢者運転免許証の返納について
4.医療と介護との連携について
5.障がい者支援について
6.県立市原特別支援学校との連携について
7.聴覚障がい者への思いやりの心について

平成20年12月議会個別質問
1.地球温暖化防止について
2.教職員の指導力向上について
3.潤井戸特定土地区画整理事業について
4.通学路の安全確保について
5.図書整備事業計画について
6.新型インフルエンザ対策について
7.保健福祉部門における職員の体制について
8.介護保険制度における在宅支援について

平成20年6月議会個別質問
1.ごみ減量化について
2.学校教育における基礎的事項の指導について
3.子育て支援について
4.消防施策について
5.障がい者の公共施設利用について
6.福祉施策について

詳しくは、市原市ホームページにて議会中継をしておりますので、ご覧下さい。
[平成21年度12月定例議会より]

会派を代表して質問する菊岡
常任委員会では、経済環境常任委員会委員長に任命されました。
[平成21年度12月定例議会代表質問より]

定例議会会場自席にて
1.五井駅周辺都市交流拠点整備をどのようにすすめていくのか。
2.市税等の未集金が、20年度において100億円近くある。また、22年度予算編成において、約45億円の歳入不足。市税等の滞納債権の回収の状況をどのように考えるのか。
3.おもてなしの心での国体づくりにおいて、どのように市内産業と連携するのか。大会の機運の醸成をどのように考えているのか。
4.児童生徒・保護者・教職員の三者一体のコミュニケーションを深め、心の通い合う教育をするために、どのような学校づくりにはげむべきか。
5.温暖化防止対策として市原市のできることを、どのように考えるか。
6.安心安全なまちづくりの為に、消防行政をどのように充実させていくのか。
[平成20年6月議会質問より]
瀬又地区の村田川で、こいのぼり祭りをご覧になったことはありますか?ご自宅で眠っているあなたのこいのぼりを、大空で泳がせてみたくはありませんか?たくさんのこいのぼりが、みんな一緒に泳いでる姿は幸せそうですよ。是非、瀬又町会の有志の方々に皆さんもご自宅のこいのぼりを泳がせて頂きましょう。こいのぼりがある方は、市津公民館か市津商店会にお届け下さい。
三和福祉作業所で障がいをお持ちの方の作った作品。
1 2 3
ホーム活動報告政策プロフィール後援会事務所
Copyright(c)2007 TazukoKikuoka.All right reserved.